BLOG

雪で雨樋が破損してしまったら。。。それは火災保険申請対象です!

2020/02/11

今朝の仙台は雪で真っ白ですね。

さて雨樋が破損してしまったら?どうされますか?

選択は3つあります。

・実費負担でホームセンターで部材を購入してDIY

・業者に実費負担で修理

・火災保険申請して受給して修理

様々と思います。

ではそれぞれお話しします。

ホームセンターで部品を購入して修理する場合

高所作業になります。1階の雨樋なら慣れた方なら簡単にできるかもしれません。その反面、業者でも大怪我をする高所作業はリスクがある事を理解しましょう。

次に業者に実費負担で修理をお願いする場合。業者によっては雪の被害があるのに火災保険の申請が面倒な為にお客様から頂く金額は変わらないのでそのまま修理してしまうケースもあります。これでは、お客様は実費負担で損をしてしまいます。

火災保険を申請するケースでは専門家が診断をしてお客様に申請のサポートをします。お客様が申請をしてお客様が保険金を受給するので安心です。中には業者が受給したり保険金を成功報酬で申請する業者もあるので注意が必要です。この場合は損害金額が報酬を支払う事で目減りして思った工事が出来なくなります。この様な業者には注意してください。

当社は、住まいの健康診断を実施して、雪の被害がある場合で、お客様に依頼がある場合だけ、損害レポートを作成しております。

知識が無いと損をするばかりでなく、きちんと工事が出来なくなります。

当社は専門家ですのでご相談してください。

※契約前に料金がかかる事はありません。

安心してご相談ください。

022-349-5451 担当:青木