BLOG

"住まいの健康診断"のブログ

  • 新春初売り!屋根リフォーム

    2024/01/04
    新年明けましておめでとうございます。 新春初売りのご案内です。 6日・7日・8日にショールームにご来場のお客様にご来場特典をご用意しました。屋根リフォーム専門店ですので知識や技術力には自信があります。また、ショールームでは、各種メーカーの屋根を展示しており、初めての方にも模型で構造が理解しやすくしています。初めてだとカバー工法って何?とかガルバリウム鋼板?等々疑問があると思います。是非その疑問を解消しに来て下さい。社員一同おまちしております。  代表青木
  • 板金屋根の下地ってどんなの?種類や劣化の見極め方を紹介!

    2024/01/01

    家を所有している方にとって、屋根のメンテナンスは重要な課題です。
    特に棟板金の下地知識は、屋根の健全性を保つ上で欠かせません。
    本記事では、棟板金の下地材の選び方や劣化のサインをご紹介し、屋根メンテナンスをサポートします。

     

    □板金屋根の下地材の基本と種類

    1:木板の下地

    昔ながらの木板は、日本の家屋で一般的に用いられてきました。
    その主な材料は杉で、加工しやすく、軽量なのが特徴ですが、水分に弱く、雨にさらされると腐食しやすい欠点もあります。
    棟板金の下地が腐食するとさまざまな問題が生じるため、現代ではあまり使われていません。

     

    2:樹脂製の下地

    近年人気の樹脂製下地は木板の欠点を克服しており、水分を吸収しにくく、腐食のリスクが低いため、棟板金の寿命を延ばしています。

    しかし、施工時の注意が必要で、ビスや釘の位置を誤ると割れるリスクがあります。

     

    3:ガルバリウム鋼板の下地

    ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、長期間のメンテナンスフリーを実現できます。

    しかし、風の影響で徐々にビス穴が広がり、抜ける可能性があるため注意が必要です。

     

    □板金屋根の劣化サイン

    1:釘の浮き

    屋根修繕のプロから見ると、釘の浮きは劣化の最も初期的な警告サインです。
    太陽の強烈な熱により棟板金は昼間に膨張し、夜になると冷えて収縮するため、この温度変化が釘の浮きにつながります。
    さらに、釘が錆びることや貫板自体の腐食もこの問題を引き起こす原因となります。
    劣化した釘が見られたら、すぐに対策を講じることが重要です。

     

    2:棟板金の浮きや剥がれ

    釘の浮きが進行し、複数の釘が効果を失うと、棟板金自体が貫板から浮き上がり、最終的には剥がれてしまう恐れがあります。
    こうなると、棟板金の交換だけでなく、貫板そのものの交換も必要になる可能性が高くなります。
    棟板金の浮きや剥がれは、屋根の構造に深刻なダメージを与えかねないため、早期発見と迅速な対応が求められます。

     

    3:棟板金の飛散

    特に注意すべきは、釘が抜けた状態で放置されている棟板金の飛散リスクです。
    強風や台風が発生した際に固定されていない棟板金が飛び、周囲の人や物に危害を及ぼす可能性があります。
    このような事態は重大な安全上のリスクを伴うため、釘の浮きや棟板金の浮きが見られた際には速やかな対処が不可欠です。
    棟板金の飛散は単に見栄えの問題だけでなく、雨漏りの原因となり、家全体の健全性に影響を与えるため、早急に専門家のアドバイスを求めることをおすすめします。

     

    □まとめ

    棟板金の下地材としては木板、樹脂製、ガルバリウム鋼板が主流ですが、それぞれにメリットと注意点があります。
    また、劣化のサインには釘の浮き、棟板金の浮きや剥がれ、飛散があり、早めの対応が重要です。
    この知識を活かして、屋根メンテナンスを行ってみてください。

  • 屋根板金メンテナンスと費用って?屋根板金に関する基本も紹介!

    2023/12/28

    屋根板金のメンテナンスや修理についての疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    自宅の屋根の状態に不安を感じている方々に向けて、屋根板金の基本知識からメンテナンスの重要性、さらには修理やメンテナンスの費用相場までご紹介します。
    この情報を、適切な対応策を選ぶための参考にしてください。。

     

    □屋根板金ってなに?

    屋根板金は屋根のつなぎ目を保護する金属の平たい板です。
    これは雨水や風、虫などの侵入を防ぐための重要な役割を担っていおり、主にガルバリウム鋼板、ステンレス、銅製品、トタンなどが使用されています。
    屋根板金は大きく分けて三つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

     

    1:棟板金

    棟板金は屋根の最上部に位置し、主にストレートや金属屋根に使用されます。
    特に古い住宅ではトタンが用いられることが多く、錆びやすい環境にあります。
    ガルバリウム鋼板は錆に強いものの、突風や温度変化による劣化のリスクがあります。

     

    2:谷樋板金

    谷樋板金は屋根の谷部分に設置され、雨水や雪の影響を受けやすいため、屋根板金の中で最も修理が必要とされる場所です。
    特に雨漏りのリスクが高いため、定期的なチェックが必要です。

     

    3:水切り板金

    水切り板金は屋根と外壁の隙間から雨風を防ぐ役割を果たします。
    屋根の端に設置されることが多く、材質によって錆や浮きの劣化スピードが異なります。

     

    □屋根板金メンテナンスの費用相場

    1:釘打ちコーキング工事

    釘打ちコーキング工事は棟板金の釘がゆるんでいる場合に行われ、費用の相場は2万円から5万円程度です。
    これにより、釘を打ち直し、コーキング材で覆います。

     

    2:板金交換工事

    板金の劣化が進んでいる場合、板金自体の交換が必要です。
    この工事は1mあたり3,000円から5,000円で行えます。

     

    3:貫板交換工事

    屋根板金が飛ばされ、貫板が露出してしまった場合は貫板交換工事が必要です。
    この工事の相場は1mあたり3,500円から5,000円です。

     

    4:サビ止め塗装工事

    サビが発生している板金にはサビ止め塗装が必要で、その相場は5万円からです。
    板金の長さによって異なりますが、10万円を超えることは少ないです。

     

    5:清掃

    板金周りの清掃は、特に谷樋板金の周囲にゴミや落ち葉が溜まっている場合に重要です。
    この費用の相場は1万円からです。

     

    □まとめ

    屋根板金の基礎知識からメンテナンスの重要性、さらには各種修理やメンテナンスにかかる費用相場までを紹介しました。
    屋根板金のメンテナンスは住宅の保護にとって不可欠です。
    今回の記事を参考に、安全に暮らせる住宅建設をしてみてください。

  • トタン屋根の雪止め対策とは?種類と雪止め金具が必要な場合を紹介!

    2023/12/24

    安全と周囲への配慮を重視する家主にとって、屋根からの落雪は大きな懸念事項です。
    特に、トタン屋根の場合、雪止め金具の選択と設置は、家族や周囲の安全を守るために不可欠な措置となります。
    この記事では、トタン屋根に適した雪止め金具の種類と、屋根に雪止め金具が必要な状況をご紹介します。
    豪雪地帯でなくても、雪止め金具の設置は安全な住環境を保つために重要な役割を果たすため、ぜひ参考にしてみてください。

     

    □トタン屋根の雪止め金具の種類

    1.雪止め金具の基本的な役割

    雪止め金具は、屋根からの落雪を防ぐために設計されたパーツです。
    これらの金具は、雪が屋根から滑り落ちるのを効果的に阻止し、下にいる人々や物への損害を最小限に抑えます。
    特に、トタン屋根は滑りやすいため、雪止め金具の役割は非常に重要です。
    雪止め金具がなければ、積もった雪が突然滑り落ち、重大な事故や損害を引き起こす可能性があります。

     

    2.トタン屋根に適した雪止め金具の種類

    トタン屋根には、主に「アングルタイプ」と「羽根付きタイプ」の雪止め金具が適しています。
    アングルタイプは、長い金属棒で連結された金具で、屋根の軒先に水平に取り付けられます。
    このタイプは「線」で雪を止めるため、滑りやすいトタン屋根に最適です。

    一方、羽根付きタイプは、羽根がついた金具を一定間隔で多数配置する方式で、屋根の形状に応じて選ばれます。
    どちらのタイプも効果的に雪を止められ、トタン屋根の安全性を高めてくれるのです。

     

    □屋根に雪止め金具が必要な3つの状況

    *少量の雪が降る状況

    豪雪地帯ではなくても、少量の雪が降る地域では雪止め金具の設置が重要です。
    少量の雪でも、屋根からの突然の落雪は大きな危険を伴います。
    特に、トタン屋根は滑りやすいため、少量の雪でも容易に滑り落ちる可能性があるのです。
    そのため、雪止め金具は豪雪地帯だけでなく、雪が少ない地域でも重要です。

     

    *人の通行がある場所

    屋根の下を人が通る場所では、雪止め金具の設置が特に重要です。
    落雪による怪我は、時に重大な事故につながる可能性があります。
    特に、トタン屋根からの突然の落雪は、通行人にとって予期せぬ危険をもたらすのです。
    雪止め金具を設置することで、このような事故を効果的に防げます。

     

    *隣家が近い環境

    隣家が近い場合、落雪によって隣家の窓ガラスや外壁に損害を与える可能性があります。
    このような状況では、雪止め金具の設置が隣家との良好な関係を維持するためにも重要です。
    雪止め金具により、落雪による隣家への損害やトラブルを防げます。

     

    □まとめ

    この記事では、トタン屋根に適した雪止め金具の種類と、屋根に雪止め金具が必要な状況を紹介しました。
    雪止め金具は、豪雪地帯だけでなく、雪が少ない地域でも重要な安全対策です。
    人の通行がある場所や隣家が近い環境では、雪止め金具の設置が特に重要となります。
    適切な雪止め金具を選び、設置することで、安全で快適な住環境を確保しましょう。

  • 雨漏り原因とは?修理を依頼する前にできる応急処置も紹介!

    2023/12/20

    雨漏りは、家庭における最も一般的でありながら、深刻な問題の一つです。
    その原因は多岐にわたり、時には家の構造にまで影響を及ぼすことがあります。
    この記事では、雨漏りの一般的な原因と対処法、雨漏りの修理の前にできることについてご紹介します。
    雨漏りに直面した際、適切な対応ができるように、この情報を役立ててください。

     

    □雨漏りの多い箇所とその原因

    1.屋根の雨漏り

    屋根は家を守る最前線であり、雨漏りの最も一般的な原因の一つです。
    屋根材の割れや板金部分の損傷が主な原因で、これらは強風や長年の劣化によって引き起こされます。
    屋根からの雨漏りは、2階の天井にシミや壁紙の剥がれといった形で現れることが多いです。
    定期的な点検とメンテナンスが、この問題を未然に防ぐ鍵となります。

     

    2.ベランダの雨漏り

    ベランダは、排水管や笠木などの劣化しやすい部分が多く、雨漏りの原因となりやすい箇所です。
    特に、防水加工の劣化や手すり部分の隙間が原因で雨漏りが発生することがあります。
    ベランダからの雨漏りは、下の部屋や軒天井に雨染みとして現れることが一般的です。

     

    3.天窓の雨漏り

    天窓は、家の中でも特に風雨にさらされやすい箇所です。
    窓枠のコーキング劣化が主な原因で、これにより雨水が浸入することがあります。
    天窓の雨漏りは、コーキングの寿命が10年から15年であることを考慮し、定期的なメンテナンスが必要です。
    外壁塗装時にコーキングの打ち替えや打ち増しをすることが推奨されます。

     

    4.外壁の雨漏り

    外壁は、強い雨によってヒビ割れやシーリング材の劣化から雨水が浸入することがあります。
    外壁の雨漏りは、屋根の破損と異なり、外からは目立たない小さなヒビから発生することもあります。
    外壁の定期的な点検とメンテナンスが、雨漏りを防ぐためには不可欠です。

     

    □雨漏りの修理の前にできること

    *浸水の防止

    雨漏りが発生した際、最初に行うべきは浸水の防止です。
    バケツ、雑巾、ブルーシートまたは新聞紙を用意し、水滴が落ちる部分にこれらを配置します。
    雑巾をバケツに入れることで、水の飛び散りを防げるでしょう。
    この対処法は、床や壁へのさらなる損傷を防ぐために重要です。

     

    *床の畳やカーペットの保護

    雨漏りが発生している箇所がカーペットや畳の場合、これらを床から上げておくことが重要です。
    雨水は広範囲に跳ねる可能性があるため、これにより汚損を防げます。
    畳の取り外しにはマイナスドライバーが必要で、具体的な手順は専門のリソースを参照すると良いでしょう。

     

    *家電や家具の移動

    雨漏りの影響を受ける可能性のある家電や家具は、故障や腐食を防ぐために移動させることが推奨されます。
    特に、感電や漏電の危険性を考慮し、電化製品のコンセントは抜いておくことが重要です。
    これにより、雨漏りによる二次的な損害を最小限に抑えられます。

     

    □まとめ

    この記事では、雨漏りの一般的な原因と対処法、雨漏りの修理の前にできることについて紹介しました。
    屋根、ベランダ、天窓、外壁からの雨漏りは、家の構造に深刻な影響を及ぼす可能性があります。
    適切な対処法を知り、定期的なメンテナンスをすることで、これらの問題を未然に防ぐことが可能です。
    雨漏りに直面した際は、この記事の情報を活用し、迅速かつ効果的に対応するようにしましょう。