BLOG

"住まいの健康診断"のブログ

  • 台風被害をそのままにしてはいませんか?

    2020/02/25

    写真は、2020年の台風19号の被害で破損した屋根の一部です。

    ご依頼いただき調査しましたが、幸いにも完全に取れていなかった為に車や人にぶつからずに済んでいました。

    もしもこのような屋根の状況なら緊急性がある事は認識しましょう!怪我や車の破損があったら大変です!

    当社は、ご依頼を頂きましたら迅速にお伺いいたします。

    その後お客様にどうされたいのか、お困り事をヒアリングします。

    調査・火災保険申請相談・工事までの応急処置は無料です。

    ご相談ください!

    契約となれば、工事日程を決めて完了までしっかり誠実な施工を致します!

    一緒に安心出来る住まいの維持を始めませんか?

    まずは相談する事から一緒に始めましょう!

    022-349-5451 担当:青木

  • その屋根・雨樋の被害は火災保険の対象では?

    2020/02/24

    近年、自然災害により建物が被害にあうケースが増加しております。

    「経年劣化だから申請対象にならないな」と自分で判断してはいませんか?

    多くの破損のケースで、自然災害の影響をうけて破損の損害が認められています。

    現在加入の保険内容を確認する事は、万が一の際にスムーズに申請できます。

    一度約款などを確認してみましょう!

    申請でお困りなら無料ですので相談してください。

    022-349-5451 担当:青木

  • 【火災保険申請対象!】台風の被害をそのままにしてはいませんか?

    2020/02/23

    昨年は台風の被害が多い年でした。

    住まいの屋根が被害にあってしまったら、それは

    火災保険の申請対象になるのはご存じですか?

    火災保険と聞くと火事が起きた時の保険と思う人が

    ほとんどだと思います。

    実は、火災被害以外にも、「台風・大雪・雹・落雷・水害・盗難」などにも保険が適応されます。

    まず保険加入者が、その知識を持つ事は重要です!

    次に火災保険の申請のみを生業とする業者(工事をしない)がいる事を知っていたほうが良いです。

    なぜかと言うと、申請で受給した保険金から

    成功報酬を支払う為に、本来損害金額として受けっとった

    保険金が目減りして本来の工事が出来ない場合がある事です。

    私の知る限りおりた保険金の45%を報酬とする業者も存在します。

    仮に100万円の損害金額が受給金額となった場合に45万円を業者に支払うことになります。壊れた建物に100万円の費用がかかると認められたのに55万円に目減りしてしまうのはお客様には良い事だとはとても思えません。

    当社は、火災保険の申請サポートを無料でさせて頂き、工事費用に100%まわす事で、お客様の負担を極力抑える取り組みをしています。

    お客様が知識を持ち、本来あるべき形で修理出来るようにお手伝いさせて頂けれはと思います。

    ※調査無料・見積り無料・保険申請無料

    022-349-5451 担当:青木

  • 雨樋の点検はしていますか?破損してしまう前に見てもらいましょう。

    2020/02/22

    建物を雨から守る雨樋ですが、点検を怠り破損してしまう場合もあります。定期的に雨樋の掃除をする事で、雨樋が長持ちしますし、壁の劣化を防ぐ役目もあります。気になったら一度点検をしてみるとよいのではないでしょうか?雨樋から水があふれ出たり、草が生えてたり、する場合は掃除のサインです。点検無料です。

    ※契約前に金額が発生する事はありません。

    相談する事から一緒に始めませんか?

    022-349-5451 担当:青木

  • 軒天井のシミや塗装はがれは雨漏りのサインです!

    2020/02/21

    雨漏りでお困りではありませんか?

    軒天井のシミや塗装の剥がれは雨漏りしているサインです。

    そのまま放置すると木材下地が腐ってしまい

    やがて高額な修理費用がかかってしまいます。

    そうなる前に、普段から建物の点検をして

    安心出来る住まいの維持を一緒にしませんか?

    当社は、点検無料・見積り無料です。

    ※契約前に料金はかかりません。ご安心下さい。

    まずは相談する事から一緒に始めませんか?

    022-349-5451 担当:青木