BLOG

"住まいの健康診断"のブログ

  • 屋根・壁の雨漏りは専門家にお任せ下さい!

    2020/07/18

    壁も雨漏りの原因の一つです。

    クラックや破損があれば、専門家に

    診断をしてもらう事をオススメします。

    調査見積り無料です。安心して

    原因と解決策をアドバイスして

    もらい一緒に考えましょう!

    022-349-5451 おりがみ青木

  • 屋根の破損をそのままにしてはいませんか?火災保険申請の対象です。

    2020/07/17

    ほとんどの方が申請したことが無い火災保険ですが

    申請はサポートしてくれるパートナーが

    しっかりしていれば心配は一切ありません。

    工事のプロが調査を行ない、最適な解決策をご提案!

    調査も申請見積りも無料です。

    契約前に料金は発生しませんのでご安心ください。

    022-349-5451 オリガミ青木

  • 瓦からの雨漏りでお困りではありませんか?

    2020/07/17

    瓦屋根のあまもりでお困りではありませんか?

    梅雨の長雨で雨漏りの症状が出てしまったり、

    瓦が風でズレてしまっていたり、飛んでしまっては

    いませんか?

    自然災害が原因で雨漏りが発生していれば

    火災保険の申請の対象となります。

    まずはご相談ください!

    022-349-5451 おりがみ青木

  • 風による屋根の破損、雪のよる雨樋の変形は火災保険の申請対象です。

    2020/07/15

    建物が風や雪で破損した場合は火災保険の申請対象になります。

    ご存じでない方が多い火災保険の申請対象ですが、

    建物に被害があったら、まずは専門家に診断してもらいましょう。

    その後、最適な解決策をご提案いたします。

    022-349-5451 おりがみ青木

  • 風による屋根の破損は火災保険申請の対象です。そのままではありませんか?

    2020/07/14

    あまり知られていない火災保険の申請対象内容ですが

    例として、『風で建物が破損した』『雪で雨樋が変形や破損した』

    『カーポートの屋根が割れた』『塀が落雪で曲がった』など

    数多くの被災が認められます。

    さて、では火災保険の申請の経験はどうでしょうか?

    多くの方は申請の経験は無いと思います。

    なぜならそもそも住まいに被害が出ていても

    気付いていないのがほとんどですし、

    破損しても申請対象である事が分かっていないのが

    ほとんどです。

    ではどうすればよいのか?

    答えは信頼のおけるプロの業者に

    調査して診断してもらう事です。

    そこでも注意が必要です。

    なぜなら申請代行を行う手数料を

    とる業者が存在します。

    その手数料が30%から50%を

    成功報酬で払う申請代行業者ですが

    ちょっと取りすぎだと思います。

    弊社なら申請は無料でお手伝いしています。

    診断も申請も無料です。

    プロの屋根工事会社が安心したサービスを

    提供いたします。

    022-349-5451 おりがみ青木