BLOG

雨樋の隙間修理を自分で行う方法とそのリスクをご紹介します!

2024/07/02

雨樋は、建物を雨水から守る重要な役割を担っています。
しかし、雨樋のつなぎ目から水漏れが発生すると、建物の美観を損ねるだけでなく、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。
本記事では、雨樋のつなぎ目からの水漏れについて、その原因と自分でできる修理方法を解説します。

□自分でできる?雨樋の修理法

雨樋のつなぎ目から水が漏れる原因は、主に部品の破損や接着剤の劣化です。
軒樋と軒継手の接合部分が経年劣化によってずれてしまうことで、隙間ができ、水漏れが発生します。
自分で行える修理方法としては、コーキングを用いた補修が挙げられます。
以下に、具体的な手順を説明します。

1:はしご・脚立の設置

安全に作業を行うために、はしご・脚立を適切に設置します。
一人での作業は危険を伴うため、必ず二人以上で行いましょう。

2:修理箇所の清掃

水漏れしている部分を丁寧に掃除します。
ゴミや汚れを取り除くことで、コーキングの密着性が高まります。

3:養生とプライマーの塗布

周辺部分への汚れ付着を防ぐために養生を行い、プライマーを塗布して乾燥させます。
これにより、コーキングの接着力が向上します。

4:コーキングの充填と成形

隙間にコーキングを充填し、雨樋の内側は水の流れを妨げないように平らに成形します。
硬化時間を十分にとることも大切です。

ただし、コーキングによる修理はあくまで応急処置です。
軒樋全体が老朽化している場合、数ヶ月でコーキングが切れてしまうこともあるため、根本的な解決には専門家による交換を行いましょう。

□雨樋の水漏れが引き起こすリスクは?

雨樋のつなぎ目からの水漏れを放置すると、さまざまな問題が生じる可能性があります。

*ご近所とのトラブル

予期せぬ場所に水が落ちることで、隣家の敷地が濡れたり、不快な雨音が発生したりと、近隣住民とのトラブルに発展する恐れがあります。

*カビ・コケの発生と外壁の劣化

水漏れにより湿気が溜まることで、カビやコケが発生しやすくなります。
また、外壁の劣化を促進し、建物の美観を損ねます。

*建物の基礎への影響と雨漏りのリスク

水漏れが続くと、建物の基礎が不安定になる可能性があります。
さらに、縦樋の破損により1階の屋根に水が流れ込むと、雨漏りの原因にもなりかねません。

雨樋の修理には、火災保険を活用できるケースもあります。

ただし、経年劣化ではなく自然災害による破損が条件となるため、日頃から建物の外観を写真に収めておくと、被災の証明がしやすくなります。

□まとめ

本記事では、雨樋のつなぎ目からの水漏れについて、その原因と自分でできる修理方法を解説しました。
コーキングを用いた応急処置は、適切な手順を踏むことで効果を発揮します。
しかし、水漏れを放置すると、ご近所トラブルや建物の劣化など、さまざまなリスクが伴います。
早期の対処が肝要であり、場合によっては専門家に相談することも必要です。