BLOG

家の雨漏り修理どう対処する?DIYのリスクと正しい業者の選び方

2024/04/28

雨漏りは、家の快適性や安全性に直結する重要な課題です。
そのため、発見した際の対処法や、適切な修理会社の選び方についての基本知識をもっておくことが重要です。

この記事では、雨漏り修理の基礎から専門会社の選び方まで、解説します。

□家の雨漏り修理は自分でするべき?基本とリスク!

*応急処置では根本的な解決にはならない?

雨漏りの原因を根本から解決するには、専門的な知識が必要です。
ブルーシートで覆うといった応急処置は一時的なもので、再発の可能性が高いです。
中には、DIYで一時的に対処する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、DIYでの修理は、時に状況を悪化させることがあります。
例えば、不適切な場所へのコーキング材の使用や、不適切な方法でのクギ打ちといった新たな雨漏りの原因を作り出すことがあります。

また、ご自身での雨漏り修理は、怪我のリスクも無視できません。
屋根や高い場所での作業は転落の危険が伴います。
雨漏りによる漏電のリスクもあり、感電事故につながる恐れもあります。
これらの理由から、雨漏り修理は専門会社に依頼することをおすすめします。

□選ぶべき雨漏り修理会社とは?失敗しないための3つのポイント

では、実際に雨漏り修理を依頼する際には、どのような会社を選ぶべきなのでしょうか。
失敗しないための3つのポイントを押さえておきましょう。

1:依頼する会社の経験と実績を重視する

雨漏り修理には多岐にわたる技術が求められます。
そのため、経験豊富で実績のある会社を選ぶことが重要です。
見積もりだけで判断せず、過去の修理例や口コミを参考にしましょう。

2:専門の資格や高い技術力のある会社を選ぶ

雨漏り検診士や建築板金基幹技能者など、専門の資格を持つ会社に依頼することで、安心して修理を任せられます。
雨漏り修理は、その後の生活の快適さに繋がる重要な工事です。
信頼できる高い技術力があるかどうか、資格や実績で確認しましょう。

3:アフターフォローが充実しているかを確認する

修理後も安心できるよう、アフターフォローが充実している会社を選びましょう。
再修理保証がある会社を選ぶことで、万が一の再発時も安心です。

当社では、責任施工保障制度有資格者による安心10年保証がありますので、お気軽にお問い合わせください。

□まとめ

本記事では、雨漏り修理の基本知識、専門会社選びのポイントを解説しました。
自分で対処することの限界と、プロに依頼するメリットを理解することが、家を守る第一歩です。
適切な会社を選ぶことで、雨漏りの問題を根本から解決し、家の安全性と快適性を守りましょう。