BLOG

陸屋根は防水が重要!防水の重要性と防水工事の種類について解説

2024/02/24

陸屋根の防水は、建物の長寿命化に欠かせない要素です。
特に新築やリフォームに関心がある家主や建築業者にとって、陸屋根の特性と防水の重要性を理解することは、賢い決定を下す上で非常に重要です。
今回は、陸屋根の防水がなぜ重要なのか、そしてどのような防水工事の選択肢があるのかを解説します。

□陸屋根の防水はなぜ重要?

陸屋根は水平であるため、水が溜まりやすいという構造的特徴を持っています。
これにより、経年劣化によるヒビ割れなどが発生しやすく、結果として雨漏りの原因になります。

陸屋根には防水層が設置されていますが、この防水層の経年劣化は避けられないため、定期的なメンテナンスが必要です。
もし防水工事を怠れば、雨漏りが通常に比べて発生しやすくなり、さらに雨漏りによる家財や家具への水濡れ被害や建物の構造的な劣化が発生し、居住環境が著しく悪化する恐れがあります。
陸屋根の防水は、安全で快適な住環境を維持するために不可欠なのです。

□陸屋根の防水工事の選択肢

陸屋根の防水工事には主に3つの方法があります。
それは、塗膜防水、防水シート、アスファルト防水です。
それぞれの特徴を理解し、適切な選択をすることが重要です。

1:塗膜防水

塗膜防水は、陸屋根に防水材料を塗布して防水層を形成する方法です。
ウレタン防水工事は耐久性があり、FRP防水工事は強度が高いため、特に屋根を積極的に活用する方におすすめです。
ただし、紫外線による劣化があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

2:防水シート

防水シートは、塩化ビニールシートやゴムシートを使用し、施工が比較的容易です。
デザイン性に富んでおり、紫外線や熱に強いため、長期的なメンテナンスが不要です。
一方でゴムシートは部分的な補修に適しており、施工期間が短くコストも抑えられるため、応急処置としての使用が一般的です。

3:アスファルト防水

アスファルト防水は、合成繊維不織布にアスファルトを含ませたシートを使用します。
この方法は信頼性が高く、特に新築時の防水工事に選ばれることが多いです。
しかし、屋根が重くなるデメリットがあり、木造住宅には不向きだと言えます。

□まとめ

陸屋根の防水は、建物の寿命を延ばし、快適な居住環境を維持するために重要です。
塗膜防水、防水シート、アスファルト防水という主要な防水工事の選択肢を理解し、建物の特性や使用状況に応じて最適な方法を選ぶことが、建物を守る上で非常に重要です。
適切な防水工事により、陸屋根の問題を未然に防ぎ、長期にわたる安全と快適さを確保しましょう。